DIY

【女子でも簡単DIY】ケーブルドラムをビンテージワックスで渋く!〜賃貸DIY劇的大改造すっぞ編〜

こんにちは。merry lab.中の人、マユリです。

先日入手したケーブルドラム

↑コイツをですね。
このままじゃ面白みも何もないんでとりあえず女子でも簡単に、手軽にできるDIYを考えて、色を塗ってみようと。
そういう事になりまして。
どんな塗料がいいのかと色々調べてみました。

さぁ、どんな塗料がいいのかな?!

マユリと借主さんで色々調べ、検討に検討を重ねた塗料。
一応気になったものをピックアップしていくと・・・

オイルフィニッシュ

オイルフィニッシュは木材の表面にオイルを染み込ませて木材そのものを強化するもの。
木の塗装でDIYではウレタン塗装やラッカー塗装が使われるそうですが、それらは塗装した表面に
プラスチックの膜を貼るので木の呼吸を妨げてしまうのだとか。
そして、木材そのものの素材感も無くなってしまうので素材を活かした風合いを求めたい物には不向き。
一方、オイルフィニッシュは先の通り染み込ませて塗装することで塗装しつつも素材の風合いはそのままで
見た目も触り心地も損なわないという利点があります。
ただし、デメリットとして染み込ませて塗装するので時間の経過とともに乾ききってしまうので
定期的に塗り直すメンテナンスが必要になるとの事。
また、水や汚れに弱いので表面の保護のためにはニスを塗った方が良さそう・・・なるほどね。

ワックス

ビンテージワックスは「えごま」を使用した、環境にやさしい植物油ベースのワックス。
ブライワックスは「ミツロウ」と「カルナウバロウ」という自然素材ベースのワックス。
木がもつ素材感を生かし、呼吸を妨げることもなく着色・保護してくれる。

・・・ん!?

着色・保護してくれる?!

だったら、ワックスのほうが有能じゃないか!?
と、舐めるように調べきる前にワックス塗装に決定!笑
ちなみに、うちはビンテージワックスを購入しました。

さあ!塗装するぞ!

いきなり本番も恐ろしいのでとりあえず

手頃なサイズのプレートに塗装をしてみます。
そのままよりもちょっとヤスリがけしてキズを付けて・・・

おおおお!
なかなか渋い感じに変わりました。

では、本番!

センターから塗り塗り・・・
(こういうのって性格出ると思いません?笑きっと大胆なんだと思います)
屋内作業なのでニオイもあるため窓を開けて作業すること30分ほど・・・

ひとまず天板だけ完了!
なかなかいい感じの仕上がりですね。
引き続き休日に塗装がんばります。

(参照サイト:DIY-navi / DIY FACTORY)

まとめ

水気のないところで定期的にメンテナンスする根性がある人はオイルフィニッシュでもありだろうけど
そんな面倒くさいことヤダ!って人にはワックスおすすめします。
とにかく好みの色をインテリアに合わせて塗るだけで雰囲気がガラリと変わるので
これに限らず小物から気軽にペイントDIYはおススメですよ。