雑記

【誰でもなりうる】キンプリ岩橋くんのパニック症候群とはどんな病気なのか

こんにちは、merry lab.中の人マユリ(@mayurimerry)です。

パニック症候群という心の病。その症状は様々だけど”これは!”と決め手になるのはだいたいこの3つ




こんにちは、merry lab.中の人マユリ(@mayurimerry)です。

King&Princeの岩橋玄樹くんが発表したことで注目された病名

その名も『パニック症候群』

記憶に新しいところでは同じジャニーズ事務所の堂本兄弟、堂本剛くんもそう。

マユリ的には中川家のお兄ちゃんがパニック症候群を患ったことで

世間にその病名が知れ渡った気がします。

 

マユリ自身も20代前半から長い間患いました。

多分・・・今も寛解までは至っていないと思います。

後で説明しますが『ある場面』に遭遇しなければ特に平穏に生活しています。

 

「で、パニック症候群ってどんな感じなの?」

 

って疑問が浮かぶと思うけど一番やさしく説明すると

 

急に強い不安感に襲われて心臓が締め付けられて

息苦しくなる症状が起きる事

 

が何度も起きます。

迷子になって不安になるとか、失恋して悲しくて胸が締め付けられるとか

もうね、そんなレベルじゃないやつ。

 

おおよそ、

 

  • なんだかわからないけど漠然とめっちゃ不安になる
  • 心臓がバクバクして痛くてわけがわからなくなる
  • 過呼吸になるからすごく苦しくなって手足がしびれる

 

この3つの症状がメジャーかなぁ。

よく聞くのはそのへん。

 

マユリは主に過呼吸。

苦しくて苦しくて・・・手足がしびれてきて硬直しちゃう。

 

のちに精神科を受診したところ

過換気症候群という病名が付きました。

なんで起こるの?小難しい話は割愛するけど人それぞれ発症するキッカケがあるんじゃないかな

難しい話は割愛して、脳内神経伝達物質のバランスが乱れるとなるんだそうな。

とか言われてもやっぱり「???」。

 

なので、マユリの場合の話をしてみると。

口論になり、追い込まれて追い込まれて

何も言い返せない状況になると

決まって過呼吸になり倒れそうになっていました。

これがさっきの『ある場面』です。

 

一番最初のエピーソードを記憶しちゃってるから

その後からの口論は過去のそれを思い出して

「あ・・・やばいかも・・・」で一気に発作へ。

わかっていても制御できなくなっちゃう。

 

そして、それを何度も繰り返していくうちに若干のウツ状態に。

で、おかしいと思って精神科へ行ったら上記のように過換気症候群と言われました。

 

最初のうちは口論の時に発作が起きていたものが次第に

「もし出かけている時になったらどうしよう・・・」という不安を生み出して

時々出先でも発作が起こったこともありました。

そうなってくると、薬もお守りとして持ち歩くように。

また、別の時は昼間寝込んでいた時に発作が起きて

どうしようもない不安に襲われて家族に来てもらったことも。

 

きっと人はなにかに追い詰められると身体から

”ギブアップ寸前”のサインを出すんじゃないかな。

そのサインに早く気づくか気づかないか。

これによって治り方も違うのかもしれません。

パニック症候群とうつ病は違うもの?実は併発する場合もある



パニック症候群は突然の不安や動悸

過呼吸といった身体に表れる症状だけど、うつ病は

 

眠れない(逆パターンの過眠もアリ)

一日中気分がふさぎ込む、自分が価値のない人間に思える・・・

 

などが精神的な症状が主です。

 

こうやって比べてみると違いますよね。

でも、時としてうつ病も併発する事もあるそうで。

さっきも話したようにマユリの場合も今考えれば併発していたかもしれません。

 

だめな時は本当に何もしなくない、できない状態が続いて。

治療途中では「死んじゃおうかなぁ・・・」と漠然と考える事も増えてました。

だけど、気分がいい時はすごくいいんです。

 

パニック症候群の人はこんなふうに非定型うつという

うつの種類にかかりやすいのでもしかしたら・・・

と思ったら身近な人に相談したり早めに精神科や心療内科を受診することをオススメします!

 

 www.e-heartclinic.com

パニック障害と合併する疾患 / 鑑別を要する疾患 (こころの病気のはなし/専門編)
https://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/panic06.html
パニック障害と合併する疾患 / 鑑別を要する疾患 (こころの病気のはなし/専門編)

まとめ

精神科って聞くとなかなかハードルが高いですよね。

でもね、行ってみるとわかるけどうつ病やパニック症候群の人だけが行く

科じゃなくて案外いろんな人が受診されているしほんと、老若男女。

きっとここにたどり着いた人の中にはパニック症候群が

気になってきた人もいるだろうから言っておくね。

 

気軽に行ってみてよ(*‘ω‘ *)マジで。

 

億劫かもしれないけど、気になる症状があれば早いうちに行けば回復も早いです。

専門医に話を聞いてもらうだけでなんとなくホッとすることもあるし。

 

あ、ちなみに。

よく言われる過呼吸にの人に酸素吸いすぎだからビニール袋や紙袋使って

呼吸させる(俗に言うペーパーバッグ法)のは今はむしろ

 

危険ということで今は推奨されていない

 

から注意!

とにかく

しゃべらせることで気分を落ち着かせるのが有効的な対処法

だということを覚えておきましょう。