【すぐ調べる課】キャットフードの種類について調べてみた!

スポンサーリンク
ねこと暮らす
恋(れん)
恋(れん)

いつもおいしいカリカリありがとにゃん!
ところで、他にはどんなカリカリがあるにゃん?

マユリ
マユリ

そういえば、れんはうちに来た時から変えたことなかったね
ちょっと調べてみようかな

こんにちは、merry lab.中の人マユリ(@mayurimerry)です。

わが家のれんちゃんは家族として迎え入れた時から
キャットフードはずっと同じものをあげています。

ワイルドレシピという子猫用のカリカリなキャットフード。
パッケージ撮ろうと思ってスマホを構えていたら
偶然にも同じようなスタイルでれんちゃん登場(笑)

製品一覧 | ワイルド レシピ™ | 製品情報 | Nutro™
ニュートロ™はペット第一主義の製品づくりに取り組んでいます

原材料名

チキン(肉)、チキンミール、エンドウタンパク、鶏脂*、エンドウマメ、ポテトタンパク、ビートパルプ、タピオカ、サーモンミール、フィッシュミール、タンパク加水分解物、アルファルファミール、亜麻仁、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナト リウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)*ミックストコフェロールで保存


 

れんをもともと保護してくれた知り合いの方が
れんと一緒にこのキャットフードを渡してくれたので
ずっとこれをあげているんだけど、ふと

ほかのキャットフードってどんなものがあるんだろう・・・

という興味がわきまして。
そこで、すぐに調べてみよう!と思いたち
完全にマユリ個人的な主観にはなりますがネット通販で

『これ良さげ!』

と思ったものをピックアップしてみました。

では、早速見ていきましょう〜。

まずキャットフードには「穀物フリー」と「穀物入り」がある



穀物フリー(グレインフリー)と穀物入りって何が違うのさ?
ってまず思いますよね。
ワイルドレシピはパッケージにあるように穀物フリーです。

穀物入れてるキャットフードは価格を抑えるために入れてるのかな?

なんて思っていたけど、実はそういう理由じゃありませんでした。

【獣医師監修】猫はキャットフードに入っている穀物を消化できる? 負担は?|ねこのきもちWEB MAGAZINE
キャットフードの主原料に、小麦や米、トウモロコシや大豆などの穀類を使っているフードがあります。猫は自分から穀物を食べる動物でありませんが、果たして、キャットフードの中の穀物を消化できているのでしょうか。

上にもあるように、単純にそのままの穀物は消化できない
という理由だったんですね。
人間も同様に火を通していない穀物は消化できません。

ただ、タンパク質だけだと栄養のバランスの観点から
少量の穀物をちゃんと消化できるようにして
入れているというメーカーのものもあるようです。

なので、猫の体質に合わせてあげるのも
キャットフード選びのひとつの基準になるでしょうか。


↑さらに詳しいサイト発見。

それらを踏まえて、実際に商品見てみましょう

 

穀物フリーキャットフード

食いつき100%グレインフリーキャットフード 『カナガンキャットフード』1.5kg

 

最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』

何かとよくネットで見かけませんか?
わが家もれんちゃんのキャットフードとして検討したことがあります。


原材料名

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ


 

60%以上がチキンでできているキャットフードのようです。
猫といえ実は肉食動物ですから、これだけたくさん入っていれば
大満足と言えるかもしれません。

通常販売価格:3,960円(税抜)

決してお財布に優しい金額ではないけど大事な家族と考えれば・・・

愛猫のためのスペシャルフード【モグニャンキャットフード】1.5kg

プレミアムキャットフード『モグニャン』

こちらはチキンではなくお魚をメインにしたキャットフード。
60%以上がお魚でできたキャットフードですね。


原材料名

白身魚63%、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ


 

通常販売価格:3,960円(税抜)

こちらもまたカナガンと同じ金額ですが
チキンが好きか、魚が好きか、猫ちゃんのお好みで
様子を見ながら決めたら良い
のではないでしょうか。

穀物入りキャットフード



では穀物入りのものだとどんなものがあるでしょうか。

国産無添加キャットフードねこひかり 500g

国産無添加キャットフードねこひかり

ねこひかりに入ってる穀物はすべてパウダー状にして入れることで
腸への負担を減らしているそうです。
ちなみに人が食べられるほどグレード高い材料を使用しているとのこと。

定期購入コースで購入すると1980円でお安く購入できるのもいいですね。


原材料名

鶏肉、玄米、かつお粉、大麦、きな粉、菜種油、煮干し、わかめ、昆布、大根葉、ごぼう、ニンジン、ハト麦、あわ、キャベツ、きび、玄そば、大豆、とうもろこし、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ビール酵母、発酵調味液、ミネラル類(カルシウム、鉄、銅、亜鉛)、ビタミン類(A、E、B2)


 

通常販売価格:2,480円(税込)

毎日のキャットフードで健康促進ねこはぐ 1.5kg

国産×人も食べられるキャットフードが話題…ねこはぐ

こちらも国産、ヒューマングレードを謳っている商品。
ただ、ねこひかり比較した場合500gで2480円なのに対し
ねこはぐは1.5キロでも通常価格6980円と
紹介するキャットフードの中でも結構な高額商品になりますね。
とはいえこの商品も定期購入で安くなります。


原材料名

鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン


 

通常販売価格:6,980円(税込)

まとめ

価格は通常販売価格であえて表記しましたが
実際には定期購入するとこの価格よりも安く買えます。

わたしたち人間と同じように毎日、口にするものですから
気に入ればみなさんリピートしますから
各メーカーとしても定期購入を押しているのではと考えます。

今回はネット通販に絞って良さそうなものを探してみましたが
マユリ的には穀物入りのものも大丈夫であれば
試してみたいなという感じです。

ただ、やはり国内産のものはなんでもそうですが
お高いですね・・・(笑)
信頼感もあるのでこだわるのであればねこはぐかな。

あと、店頭で手軽に買えるワイルドレシピでしたが
原材料名をネット通販のキャットフード各種と比べると

なんというか・・・これなんだろう?

というものが多い気がしました。
食いつきはいいし毛艶もいいので
悪いものは入っていないとは思いますが(笑)




コメント

タイトルとURLをコピーしました