【WordPress常時SSL化&共有SSL】Google推奨のSSL化のやり方

スポンサーリンク
WEBのこと

こんにちは、merry lab.中の人マユリ(@mayurimerry)です。

 

今年の夏にこのブログを始めてはや4ヶ月が過ぎました。

いまさらですが、ようやく常時SSL化しました。

 

最初に設定しろよって話なんだけど・・・

3日坊主のマユリが果たしてブログなんて続けられるのかなー

とか余計なことを考えているうちにあれよあれよと日が経ちまして。

 

ってマユリのことはどうでもいいんですわ。

 

このページを見ているということは、多分

SSL化のことを知りたくてたどり着いてるんですよね。

 

SSL化しないとなんだけど何から手をつけるのさ・・・

 

と時間だけがむなしく過ぎ去っているあなたに

マユリが調べて役に立ったサイトを交えながら説明していきますね

 

その前に常時SSL化ってなんだ?

簡単に説明すると。

 

暗号化通信を行うことで、不正なのぞき見などを防止する機能で

すべてのページをHTTPSで表示させること

と、マユリは解釈しています。
つまり

うちのサイトは安全に個人情報扱っているから安心して見てっていってね

って感じでとってもらってオーケーかと。

 

で、どうやったらSSL化できるの?



WordPressをで運営している場合の手順になります。

独自ドメインを取得して運営している場合

このブログはエックスサーバーを使って運営しているので

同じような環境でSSL化したサイトを調べました。

 

WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)
XSERVERで常時SSLが無料なので、WordpressサイトをHTTPS化したときに行った全ての手順をまとめてみました。

寝ログさんの手順がとてもわかりやすい!

 

ちなみに、エックスサーバー側の設定をした際に

なお、SSL設定が反映するまで、最大1時間程度かかります。今しばらくお待ちください。

と出ましたが、実際は数分で完了しました。

 

途中、Search Regexというプラグインを導入して

内部リンクをすべてhttpsに置換する作業が入ってきます。

 

寝ログさんでも最後のほうで書いている通り

このプラグインだけでは完全にSSL化できない場合があります。

(特にカスタマイズしている場合)

その場合は手動で補完してあげてください。

じゃないと、いつまでたってもページの一部が安全でない状態が続いて

常時SSL化が完了しません。

 

手間だけどGoogleのデベロッパーツールなどを使って

カギマークがちゃんと付くまで作業していきましょう。

(この作業が一番たいへんかも・・・)

SSL対応でhttpとhttpsが混在したコンテンツが表示できない原因を特定する – FeeeeeLog

レンタルサーバー使ってるけど独自ドメインじゃない場合

マユリが相談を受けてお手伝いさせて頂いた方のサイトが

実は独自ドメイン運用じゃなくて苦労しました。

ロリポップ!利用でロリポップ!のドメインでサイト運営している場合について説明します。

www.〇〇☓☓.com

じゃなくて

www.〇〇☓☓.lolipop.jpとか

www.〇〇☓☓.chu.jpとか、そゆやつ。

 

①ユーザー専用ページへログイン

②ユーザー専用ページのトップ画面の 共有SSL のURLを

WordPressの「設定」→「一般」へコピペして保存。

 

③そのままだと元のURLのままなのでリダイレクト設定をします。
リダイレクトしてあげることで元のURLから自動で新しいURLへジャンプします。

WordPressのプラグイン「Simple 301 Redirects」を使います。

インストールしたら、「設定」の中のSimple 301 Redirects

左側の「Request」に元のURL

右側の「Destination」にロリポップでコピーした新しいURLをペースト。

そして保存。

 

これで共有SSLの設定は完了。

後は独自ドメインのSSL設定した後と同じように

内部リンクをすべてhttpsに置換する作業をしてください。

 

共有SSLは文字通りにほかのユーザーと共有することになります。

詳しいことは下記のサイトを見ていただくとわかりやすいです。

ロリポップ!で共有SSLを利用する方法!WordPressの構築や注意点も解説 | TOMATO MAGAZINE
共有SSLとは? 共有SSLとは独自SSLとは違い、レンタルサーバーが代行して取得しているSSLのことです。ほとんどのレンタルサーバーでは、無料で手軽に利用することができるようになっているため、誰でも簡単にSSL化したWebサイトを実装できるのが特徴です。 ただ、ドメインの所有権や組織の身元の証明がレンタルサーバー会社...

 

まとめ

SSL化はサイトの規模が大きいほど大変な作業になるので

サイト立ち上げ時に設定するか、早い段階で済ませちゃった方がラクです!

そして、独自ドメインを使っていない人はSEOの観点からもぜひこの際だし

独自ドメイン取りましょう。

 

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

※独自ドメインじゃない場合のやり方がこれしか浮かばかなかったので

もし「こっちのほうがいいよ〜」とかあったら教えてください。




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました