ねこと暮らす

新しく迎え入れた仔猫と先住猫のお話

こんにちは、merry lab.中の人マユリ(@mayurimerry)です。

 

れんが我が家に来て1年が経つタイミングで新しい家族が仲間入り




実は、以前から二匹目を飼うことを考えていました。

れんがわたしたちに慣れた頃、姿が見えなくなると不安になるのか

大声で鳴いたり、後追いしてトイレに行くだけでも

大騒ぎしたりすることが増えたんです。

 

調べてみるとどうやら『不安分離症』というもので。

 

 

うちのれんは大声で鳴くのと後追いが激しかっただけだけど

なんだか、かわいそうで・・・

仲間がいたらいいのかな?とずっと考えていました。

 

だけど、飼いたいと思って里親登録しても知人友人に声掛けしても

なかなかいい出会いはありませんでした。

そうして巡り会えた生後2ヶ月くらいの女の子、その名も”澪(みお)”

野良猫の母親が産んだ仔猫がもらえるかもという話もあったけど

引き取れるタイミングがなく結局話しが流れてがっかりしていた矢先

里親を募集しているとの一報が。

すぐにパパが連絡を取り、その日の夕方には家に連れてきました。

そうして我が家の一員になったのが、れんに毛色がそっくりな女の子。

れんがクールビューティーだとしたらこの子はキュート(笑)

時々グレムリンのギズモにも見えるし

スター・ウォーズのヨーダにも見える(爆)

名前はちょうど梅雨の季節にやってきたことから

”澪(みお)”と名付けました。

先住猫の恋(れん)との生活



さて、二匹飼うということは先住猫であるれんとうまく生活できるか?

ということも見ていかなければいけません。

ケージにいるみおに初日はすごく警戒して威嚇しまくるれん。

 

まぁ・・・無理もない。

 

れんは、小さくして母親とはぐれて一匹でいたところを

保護して連れてきた保護猫。だから他の猫を知らない。

 

 

対してみおは、たくさんの大人の猫に囲まれて数ヶ月を過ごしていた様子。

だからなのか、みおは相手が自分より大きくても売られたケンカは買う始末。

 

先が思いやられる・・・ひょっとしたら相性最悪かも。

と、内心ヒヤヒヤしていたけど数日するとれんの方が少しづつ

みおに対して威嚇から興味へ変化していき4日目くらいから

みおをケージから出して二匹の様子を見ていると・・・

なんだ、心配しなくても良かったじゃん!

れんの方が慣れてあっという間に仲良くなりました。

 

不安分離症だったれんはすっかり落ち着いてお姉さんに



さて。冒頭にもあった、不安分離症だったれん。

みおが来て2ヶ月弱ですっかりなくなり。

仲間ができたことでさみしい気持ちをもつ時間すらない生活を送っているからかな。

みおがとにかくやんちゃすぎて、れんのしっぽをおもちゃにするので

日々格闘してる様子(笑)

そりゃもうトムとジェリーみたい。

一匹で生活していたころは寂しいくせに構おうとすると

ツーンってしてたツンデレれんが、今じゃお腹見せてだらしなく寝るまでに。

「れん、おいで」

って言えばくるし、「れん〜♪」て呼べば「にゃー」と返事もする。

1年前なんて不安で怖くて家庭内野良状態だったのに(笑)

こりゃもうこうなるとかわいくてたまらんです!

 

まとめ

「猫は一匹飼うも二匹飼うも同じや!」

と言っていたパパに正直「ええええ?!」とたじろいでいたマユリだけど

たしかに、いや、むしろ二匹いたほうが毎日楽しい(笑)

それに、二匹とも性格が全然違って面白いし。

まだまだ成長過程のお姉ちゃんれんとあかちゃんの妹分みお。

ま、お金はちょっとかかるけど癒やしには変えられませんな(笑)

 




 

そういえば・・・言いました(オマケ)

恋(れん)
恋(れん)

前回の記事にあったマユリにおきた
”出来事”ってなんだったんだにゃ

マユリ
マユリ

・・・(笑)そんなこと言ってたね。

ざっくりまとめると

バイトは生活のためとは思ったけど最初の話と違うことがあって辞めて

結局フリーランスとしての道をもっかい進む決意をしたんだよ。

だから、人生リスタート!山あり谷ありだね(笑)

 

恋(れん)
恋(れん)

全然ジャンルが違う仕事してたもんね・・・

猫と一緒でマユリも気まぐれにゃ!