劇的大改造すっぞ編

【過去最大級のDIY】壁掛けテレビ用の壁を3つのアイテムで造作したよ




こんにちは、merry lab.中の人マユリ(@mayurimerry)です。

 

れんみおパパ(通称れみパパ)
れんみおパパ(通称れみパパ)
マユリさん!おっきい壁掛けできるテレビ買おう!だから壁造ろう!
マユリ
マユリ
増税前の駆け込み購入ここにもいたwww

 

最近流行りの壁掛けできるテレビを買いました



9月の終わり頃、それは突然の事でした。

 

「寝室用のテレビ見にいかない?で、いいのあったら買っちゃおう!」

で、ちょっと遠方の大型家電量販店へ出向き

なんと本当に買ってしまいました(爆)

が、在庫切れのため届くのが今度の土曜日だそう。

 

たしか、シャープのAQUOSだったかな。

なんか人工知能の機能がついたスゴイヤツ。

兎にも角にも手元にまだTVがないのでレビューはまた今度。

型落ち品だったため209,000円が10万円切って買えました。

 

テレビが来る前にさっさと壁をつくっちゃおう



そんなわけでテレビが届くまで余裕ができたので

壁掛けするための『壁』をDIYすることに。

まずは設計図。

 

れみパパが頭の中で想像していた壁を設計図のような絵のような感じに起こします。

横から見るとこういう感じらしい。

つくる本人がわかればいいのよね。

いっつも思うんだけど、頭の中で想像したことを絵にできるってすごい・・・

その才能欲しい(笑)

 

使用資材を購入

翌日。

資材購入してきました。

ちなみに、れみパパの会社のワゴン車を借りてきたので

大きな資材も問題なく買って帰ることができます。

【購入したもの】

ツーバイフォー材 2本

ツーバイフォー材(塗装済) 1本

角材 4本

OSB構造用合板 2枚

L字金具 8個

ちなみに、OSB構造用合板は「Oriented Strand Bord」の略で

薄い短冊状の木片をランダムな方向に敷いて

それを加圧して接着剤で固めてつくった合板のこと。

チョイス理由は単純にオシャレだからです(笑)

 

さあ、カタチにしていきますよー

それでは設計図を基に組み立てていきましょう。

なんもないまっさらな壁に

柱を建てて、角材を横に渡してL字金具で固定したら壁掛けテレビ用の金具を取付け。

塗装してある柱とない柱を購入した理由は

一番手前の柱は入口側から見える部分なのでそこだけは塗装してある柱を使っています。

あとは板を貼ったら見えないからね。

上に合板を固定。

金具の部分はあらかじめサイズを測って逃しました。

下も同じように逃し部分をつくります。

(実はこの時点で設計図から変更してます)

下も固定したらこのとおり!

この撮影位置から寝転びながら映画鑑賞とかできるわけです(ΦωΦ)フフフ…

(ベッドから撮影)

ちなみにファイヤーエスケープっていうアイアン素材で作られた

壁面収納も取付けてみました。

一気にオシャレ度がアガるーーー!

 

 

まとめ



横から見ても出っ張りはこんなもん。

特に賃貸だと壁に穴をあけるなんてご法度なので

この程度の出っ張りなら全然問題ないと思います。

なによりこれでオシャレになるのなら全然アリじゃん!

週末にはテレビを取付けますよん。